MENU

毛周期に合わせて施術を受ける光脱毛

激安全身脱毛効果抜群

光脱毛とは、特殊な光を肌に照射して毛にダメージを与える脱毛方法のことです。現在、多くの美容サロンにおいて採用されています。光脱毛には、フラッシュ脱毛・IPL脱毛・プラズマ脱毛などの種類がありますが、これは使用する光の種類による区別であり、基本的な原理はだいたい同じです。光脱毛に使用する光は特殊な波長を持っており、黒及びそれに近い色にのみ反応するという特性があります。そのため、この光を肌に照射すると、肌そのものを傷めることなく毛と毛根の周囲にある毛母細胞のみに熱でダメージを与え、破壊します。破壊された毛は1〜2週間程度で自然に抜け落ちていきます。処理した場所からはまた毛が生えてきますが、しれは施術前よりも細く、弱い毛です。その毛をさらに処理することで、徐々に新しい毛も生えにくくなっていきます。似たような原理で脱毛を行うやり方としてはレーザー脱毛というのがありますが、光脱毛の場合は白色ランプを使用してレーザーよりも広い部分に照射できるため、1回の施術で多くの毛を処理することができます。施術時間も1回あたり5〜15分程度と短くて済みます。また、痛みが少ないことも特徴として挙げられます。従来より行われてきた電気針による脱毛より、そしてレーザー脱毛よりもさらに痛みは軽くなっており、光をあてる瞬間にパチンとくる程度の痛みだと言います。多くのサロンでは処理を行う部分にジェルを塗るなどして、さらに痛みを減らすような工夫をしています。このように手軽で肌に負担の少ない脱毛ができる方法なのですが、ただし満足な効果を得るためには短期間の施術だけでは不十分です。というのも、この方法で脱毛処理ができるのはその時にちょうど発毛期にある毛だけだからです。ご存知の通り毛には毛周期というものがあり、一定のサイクルで生えたり抜けたりを繰り返しています。そのうち休止期にあっては毛母細胞が活動していないので、光を照射しても効果がないのです。したがって、毛周期に合わせて複数回にわたって施術を受ける必要があります。毛周期には個人差があるため一概には言えませんが、おおむね2〜3ヶ月おきに処理をして、1〜2年かけて全身を完全に処理するというのが標準的なパターンです。なお、光脱毛は基本的には「永久脱毛」のカテゴリーに入る脱毛方法ですが、実はこの方法が開発されたのが1990年代ということで、比較的新しい方法なのです。したがって、この方法が本当に永久的な効果があるかどうかは誰も経験的には知っていないということになります。施術を受けるにあたっては一応そのことを了解しておく必要があります。

関連ページ

フラッシュ脱毛の仕組みと効果について
フラッシュ脱毛の仕組みと効果について
美容皮膚科でひざ下脱毛を選ぶことについて
美容皮膚科でひざ下脱毛を選ぶことについて
フラッシュ脱毛のメリットについての記事
フラッシュ脱毛のメリットについての記事
tbcのひざ下美容電気脱毛は悶絶モノなの?
tbcのひざ下美容電気脱毛は悶絶モノなの?