MENU

フラッシュ脱毛の仕組みと効果について

激安全身脱毛効果抜群

フラッシュ脱毛とは、レーザー脱毛と同じ光脱毛のなかまです。しかし、その仕組みや効果には違いがあります。まずは光の種類ですが、レーザーの場合は非常に狭い照射角度の光で、光を集中させることで非常に強いエネルギーとなります。一方でフラッシュ脱毛の光は比較的照射角度が広いのですが、瞬間的に光らせるのでエネルギーは強くなります。光源にはキセノンランプが使われていて、これはカメラのストロボと同じ種類になります。脱毛で使われている物は「インテンス・パルス・ライト(IPL)」と呼ばれており、キセノンランプの光を特殊なフィルターを通してメラニン色素の濃い部分にだけエネルギーが伝わるようになっています。レーザーよりも広い範囲を照射できるので、一回の脱毛処理にかかる時間はレーザーよりも短く、そのため費用も安くできるようです。医療機器であるレーザー脱毛が使えないエステサロンなどで最近人気が出ていますが、レーザー脱毛のように永久脱毛ではありません。また、人によって脱毛効果には差があるようです。基本的には毛根細胞に熱を伝えて脱毛する仕組みで、処理後数週間程度で毛が抜け落ちます。しかし、2ヶ月くらいでまた生えてきてしまいますが、脱毛前の毛と比べると毛の太さが細くなります。これを数回繰り返すことで次第に毛が細くなり、最後には毛が目立たないくらいになるか、場合によっては生えてこなくなるようです。毛が細くなることで毛穴も小さくなるので、脱毛処理後は毛穴が目立たないので、美肌にも良いようです。フラッシュ脱毛の効果で最も影響することは、毛の周期である「毛周期」です。毛周期は毛の一生のことで、成長期から退行期、そして休止期と移り変わります。このときに最もメラニン色素の濃い成長期のときに脱毛処理をすることで高い脱毛効果を得ることができます。しかし、毛は一本一本周期が異なるので、2ヶ月くらい間をおいて数回の脱毛処理をすることが大切になります。フラッシュ脱毛はレーザー脱毛よりもさらに痛みが少なく、短時間で終わることが大きなメリットなのですが、場合によっては日焼けのような状態になることもあるので、肌の弱い人はアフターケアが必要になるでしょう。また、脱毛効果はレーザー脱毛よりも劣るようなので、最近ではラジオ波脱毛や超音波を利用した物など他の脱毛方法と組み合わせて脱毛処理をおこなっているエステサロンも多くあるようです。

関連ページ

美容皮膚科でひざ下脱毛を選ぶことについて
美容皮膚科でひざ下脱毛を選ぶことについて
フラッシュ脱毛のメリットについての記事
フラッシュ脱毛のメリットについての記事
毛周期に合わせて施術を受ける光脱毛
毛周期に合わせて施術を受ける光脱毛
tbcのひざ下美容電気脱毛は悶絶モノなの?
tbcのひざ下美容電気脱毛は悶絶モノなの?